雨の日の車で傘を持っている場合の乗り方について

 

車内に傘を常備している方もいるでしょう。
たとえ車移動であっても、
車から出たときに雨が降っていると、傘が必要ですよね。
車内に傘を常備しているのは、そのため。

 

 

でも、使用済の傘を持って車に乗り込むのは
ちょっと難しいですよね。
スマートに乗り込める人って、意外にも少数なのでは・・・?
また、濡れた傘をそのまま車内に置いておくのは、
シートが濡れてしまって気になります。

 

 

 

まず、傘を持っているときの乗り方ですが、
◎車に乗り込んで傘をたたむ
◎車に乗り込む前に傘をたたむ

 

 

方法があります。
家族の車であれば、後者でも良いですが、
人様の車に乗せてもらう場合は、
傘をたたんで乗り込むと、座席が濡れてしまいます。
とはいえ、多少の濡れは仕方ありません。
さすがに、大目に見てくれるでしょう。

 

 

問題は、使用した傘です。
最近は、車用の傘入れなんかも売っています。
ない場合はそのままでも仕方ありませんが、
できればそういった専用のアイテムがあると良いですね。

 

 

 

ちなみに、雨の日でも赤ちゃんを
スムーズに乗車させる傘アイテムや、
ハーフパラソルなんかもあります。
ハーフパラソルは、
マグネット式で車の屋根に簡単に取り付けられます。

ミニバンのサイズについて徹底解析!

 

ミニバンにもいろんなタイプがあります。
大きいサイズもあれば、小さいサイズもあり、
いろんな選択肢があるので、条件やニーズに合わせて選ぶことができます。

 

 

 

簡単にミニバンのサイズを説明すると、
・Sクラス
・Mクラス
・Lクラス
・LLクラス
・XLクラス

 

 

となります。
Sがもっとも小さいサイズのミニバンになり、XLが大きくなります。
服のサイズと同じなので、分かりやすいですね。
もっとも一般的なサイズは、「M」
ワゴンタイプなどに多いので、家族の人数が多かったり、
最低5人は乗車するという方にはぴったりのミニバンでしょう。
個性派のミニバンが多いのは、LLクラスですね。

 

 

一番売れているミニバンは、Lクラス。
THEミニバンといった感じ。

 

 

 

車を選ぶ条件は、人によってさまざまだと思います。
全高や居住性などで選ぶ方もいれば、
デザインやインテリアなどを重視する方もいるでしょう。
どのミニバンが一番良い!というのはありませんが、
自分にあった車を選ぶなら、一度試乗してみるのが一番でしょう。

 

 

もともとミニバンは広々とした室内空間が最大の特徴になりますから、
ゆったり乗るには最適です。

 

車 売却 委任状


このページの先頭へ戻る